部屋の奥の押入れの中

こっそり日記書くだけ

ジャイロスコープ

伊坂幸太郎

 

短篇集

 

わりと好きな本が多いから期待してたんだけど

自分の中でハードルを上げすぎてしまったせいかそこまで面白いと思えなかった。

 

7つの短編をまとめた本で、

一冊通して見ればおもしろいと思える部分もあるんだけど

ひとつひとつの話があんまりって感じだった。

 

ぼくの頭が悪くて理解できてない部分もあるんだろうけど。

 

 

最近することなさすぎて久しぶりに小説買って読んでるけど

ぼーっとしながらTL見てるだけよりは全然よい。

 

昔読んだ小説とかどんな内容だったか全然覚えてないから

こうやってメモがてら読んだ小説の感想を

一言二言ブログに書いてくのいいかもしれない。